取り入れる企業の増加

パソコンを開く

企業のワークフロー化
最近ではグループウェアやクラウドシステム、そしてワークフローを取り入れる企業が増えています。
グループウェアやクラウドシステムで企業内での情報を共有し、ワークフローシステムでの作業の見える化を行い、効率化を図っています。
ワークフローシステムは作業工程を解りやすくする為に、内容や定義、起案をすべて図式化し、それを複数人で目視での確認が行えるようにするシステムです。
これによりすべての作業に関わる人が内容や現状を把握することができます。

ソフトによる利便性
ワークフローのシステムを使用することによって、内部統制や業務統制への対応の強化できるメリットがあります。
そして作業の内容把握だけでなく、最初の工程である起案から始まり、申請や承認システムを付加すればあらゆる申請内容や承認までの流れを見える化することができます。
これによって例えば、起案者より申請された内容をソフト上で確認し、承認すればデータ上で残り、さらには設定次第でどの仕事をどのように振り分けるかまでシステム上で行うことができるのです。

企業での流れデータ化
企業にとってワークフローソフトの導入はすべての流れの管理と書類での確認だけでなくデータ上での起案から作業確定、作業の進行度合いまでを把握することができ、その状況を企業内で共有することができるのです。
これにより承認完了後の案件すべてにおいて改ざんが不可能となり、企業の信頼にも繋がります。
まだ書類での情報共有、保存の部分も多々ありますが、これからの時代にはデータとしての管理やワークフローシステムでの内部統制、業務統制が重要になってくるのです。

サーバー

親指を立てる

ワークフローとは
ワークフローとは、企業における業務の流れを図式にして明確化したものです。
作業によっての承認や、その報告の範囲を明らかにします。
この作成は、小規模な企業ほど作成されない傾向にあります。
また、大規模な企業ほどそれにとわられて業務の進行が妨げられる傾向にあります。
前者において作成されない理由は、システム構築や報告・承認フォーム作成などの手間がかかることです。
後者において、業務の進行が遅くなる理由は、承認者が不在の場合に報告がそこでとどまってしますゆえです。

その支援サービス内容
上述にあるような問題を解決するために、ワークフロー支援サービスが提供されています。
それは、ソフトとして販売されている場合と、システム契約として提供されている場合があります。
そのサービス内容は、ソフトや提供サーバーによって多少のの違いはあります。
しかし、共通している事項は以下です。
報告や承認に必要な書式のフォーマットとして用意されていますので、使用者はそれに基づいて作成すれば事務作業の手間が省けます。
そして、作成書類の展開範囲を限定することができます。
よって、報告が必要な人にだけ閲覧することが可能なので機密の保持にもつながります。

サービスの進化
従来の営業支援サービス提供は、ソフトの導入もしくは主に共有サーバーの提供による支援でした。
昨今は、そのどちらでもないクラウドを導入して行うサービスが登場しています。
そのメリットは、より多くの情報量を保管して共有できるゆえです。
また、ソフトのようにインストールする必要がありませんので、パソコンが変わっても使用できます。
さらに、サーバーのように運用する必要がありませんので、その更新や保持、セキュリティ対策にかかるコストが不要です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031